山形県漁協の紹介

山形県漁協

山形県漁協は、昭和40年7月に全国初の一県一漁協として合併発足。漁業者の社会的地位の向上と組織の発展に努めています。

浜に根ざした漁協の特性を生かし、地域の人々との交流と魚食普及を図るため漁業者と 共に産地直売のイベントを開催しているほか、市場統合による地域拠点市場づくりを行うなど加工事業を含めた庄内浜で獲れた魚のPRと販路拡大に積極的に取組んでおります。

また、資源管理型漁業の一層の推進・定着化と海域特性にあった栽培漁業を展開し、明日の魅力ある漁業、活力ある漁村づくりを目指し、このすばらしい海を創意と工夫を持って活用し、大切に守り育て、次世代に引き継いでいくことが我々の使命と考えています。



全国初の1県1漁協として
明日の魅力ある漁業と
豊かな漁村づくりを目指して・・・
信用事業

共済事業
海からの水揚代金の貯金振込みから公共料金の取扱いなど幅広く漁家の豊かなくらしをサポート。全国漁協オンラインにも加盟。貸付では漁船建造から生活資金まで制度資金を主体に融資を行っています。
また、漁村の将来の豊かなくらしと安全を守るため、生命共済、火災共済、漁業者年金を取り扱っています。
販売事業生産地市場としての機能を充実させるため市場統合を実施し魚価の向上を図ると共に、3市場を拠点にいかの荷揚指定港を絞り積極的な県外船誘致を図っています。
購買事業漁業用の燃料油をはじめ、暖房用灯油や漁業用資機材から生活物資まで適正価格による安定供給に努め、組合員の全利用体制を推進しております。
製氷事業漁獲物の鮮度保持と魚価安定を図るため、酒田製氷工場を主体に生産用氷の安定供給に努めながら、漁獲物や各種餌料の冷蔵保管を各支所で協力して行っております。
加工事業庄内浜でとれた新鮮な魚貝類と消費者を結ぶ新しい流通ルートを開拓しながら、消費者ニーズにあった加工製品の開発・拡販を推進しております。
指導事業庄内浜の美しい海と豊かな資源を守るため、資源管理型漁業・栽培漁業の推進と漁場環境の保全に取り組んでいるほか、広報紙による情報提供に努めています。


山形県漁業協同組合
本所〒998-0036 山形県酒田市船場町二丁目2番1号
TEL(0234)24-5611(代)・FAX(0234)22-6455
設立昭和40年7月1日
組合員数1,465名(平成24年3月31日現在)
うち正組合員 631名
准組合員  834名
役員代表理事組合長 本間 昭志(ほんま しょうし)
専務理事 田村 勇次
他理事6名・監事3名
職員63名
出資金716,982千円
取扱高(平成23年度取扱実績)
信用事業 貯金残高   53億5千万円
        貸出金残高  5億5千万円
共済事業 共済保有高 101億1千万円
販売事業 受託販売高  28億2千万
購買事業 石油・資材  10億1千万円
製氷冷凍冷蔵事業   1億円
加工事業 1億6千万円


[ 主な施設 | 組織図 | 所在図 ]

山形県漁業協同組合 〒998-0036 山形県酒田市船場町2丁目2番1号 TEL:0234(24)5611 FAX:0234(22)6455