サバのおろし方

下ごしらえ
うろこがついている場合は、包丁の刃を直角にして尾から頭へこそげます。 
腹を上に向け、エラぶたを開き、エラの付け根を包丁の刃先で切ってからはがします。 
左手の指先でエラを押し出すようにしてエラを取り除きます。 
次に、腹を手前斜めに置き、腹に切り込みを入れ、内臓を包丁の刃先でかき出します。 
頭を、胸ビレの位置で包丁を、やや斜めに中骨のところまで入れて、まず片身を切り、次に裏に返してざくっと切り離します。 

二枚におろす
いったん水洗いして汚れを落とし、水けをふいてからおろします。裏側から写 真のようにして、中骨の上に刃先を当て、ねかせながら尾の方に引きます。 
頭側を手前に、尾を向こう側に置き、尾の背側から刃先を中骨に沿わせて横に入れます。 
背側に切り目を入れたら、尾の付け根を身ではずします。 
身を持ち上げながら中骨にまだくっついている部分をはがし、開きます。 
二枚におろせたところです。中骨のないほうを酢じめに、骨のあるほうを煮物などに使います。酢じめにするのなら、腹骨をすき取ります。 

山形県漁業協同組合 〒998-0036 山形県酒田市船場町2丁目2番1号 TEL:0234(24)5611 FAX:0234(22)6455