サクラマス
サクラマスは、サクラの咲く頃に、川にそ上し、川や海に春を告げる魚として、県内では沿岸や河川で漁獲されるため、平成4年「山形県の魚」に制定されました。
サクラマスは、「銀マス」、「本ます」あるいは「川ます」等と呼ばれています。
旬は4月から5月で体重2kg前後となり、ます類の中で最も美味とされています。

タイ
タイは、その姿と味から「魚の王様」と言われ、広く親しまれています。また、「めでタイ」とも言われお祝い事には欠かせない魚となっています。身は白身で変質しにくく、味も淡白です。
体長1mにも達しますが、通常は50cm以下のものが多く、水深50m前後の岩礁 域や周辺の砂泥底に多く生息し、水深200mまで季節的な深浅移動を行い、春から冬にかけて漁獲されています。

口細カレイ
標準和名はマガレイ。口元が細く小さいため口細カレイと呼ばれています。
水深30~150mの砂泥または岩礁地帯に生息し、底曳網、刺網などで漁獲されます。
春が産卵期で塩焼きが最良で美味です。

山形県漁業協同組合 〒998-0036 山形県酒田市船場町2丁目2番1号 TEL:0234(24)5611 FAX:0234(22)6455