マコガレイ
庄内地方では、ネサシ、モクガレイとも呼ばれています。水深30~150mの砂泥または岩礁帯に生息し、刺網や底曳網で漁獲されており、煮付けや唐揚げで食べると美味です。

ハタハタ
魚偏に「雷」の字が充てられているのは、ハタハタは産卵のため天気が崩れ海が荒れると雷鳴とともに岸によってくるためで、また、魚偏に「神」という字を充てるのは、うろこの模様が富士山のようにおめでたいからと言われています。
秋田県の特産品として有名ですが、本県では主に底曳網で漁獲されており、庄内地方では昔から大衆魚として人気が高いのですが、近年では漁獲量も少なく大衆魚から高級魚となり、高値で取引されています。
ハタハタの卵は「ブリコ」と呼ばれ、産卵期は脂がのって特においしく、白身でさっぱりとした味で、素焼きや湯上げにして素醤油でもおいしく、生のまま鍋物などに入れて食べられています。

アマエビ
標準和名は「ホッコクアカエビ」というが、一般には体の色が赤いので、ナンバンエビ、ベニエビ、アカエビとも呼ばれています。
底曳網で漁獲されていますが、鮮度低下が早く、すぐに身が白濁しやすいのが特徴です。
透明感のある新鮮なものの刺身は、甘味と特有のとろみがあり、本当に美味です。

サケ
「アキアジ」は秋に獲れるものを指しますが、「トキシラズ」は秋に獲れるはずのサケが5~6月に獲れることからこのように呼ばれています。東北地方では正月を迎える魚としてサケは必需品で、縄を口に通して干した塩鮭を新巻鮭といい、冬の保存食として人気が高く、川で生まれ、約半年後には川を下り海に出て約4年前後で成魚となり母川回帰を果たすのが特徴です。主に定置網で漁獲されています。
サケの卵はイクラとして人気が高く、生の切り身は塩焼き、照り焼き、粕漬けにして焼いたりムニエル、ホイル焼き、酒・ワイン蒸し、ステ-キ、フライなどいろいろな料理に向き、野外では、ちゃんちゃん焼きも趣があります。また、えら以外の内臓や頭、骨までが鍋物として利用できます。

ワタリガニ
名前の由来は、夜、海を渡り歩くことからついたもので、常に群れをなして棲み、河口に近い海や内湾などの砂底に多く生息しています。
カニの種類の中では、身が少ないが、柔らかくてしっとりとした甘味があり、卵巣、みそは味が良いので珍重され、殻からでるうまみも利用してぶつ切りにして鍋物や味噌汁に適しています。

山形県漁業協同組合 〒998-0036 山形県酒田市船場町2丁目2番1号 TEL:0234(24)5611 FAX:0234(22)6455