アンコウ
深海魚で、海底にじっとしており、ほとんど泳がず、ミミズ状に変化した背びれをユラユラゆらして誘われてきた小魚をパクリと食べる「釣り」をする魚です。また、体のほとんどが頭というか顔であり、そのほとんどが口となっています。名前の由来は、海底に寝そべり餌待ちをする安康(太平無事)な暮らしぶりから付けられたという説があります。主に底曳網漁業で漁獲されています。
体は、粘膜で覆われているため、調理方法ではつるし切りが有名です。身は白身で淡白、特にキモがおいしく冬の鍋物として珍重されています。

タラ
魚偏に雪と書くのは、初雪の後に獲れだすからで、「たらふく食う」は文字通りタラの腹のようになるまで食べる様子を表しています。
タラは、冬期に浅場で産卵し、夏期に深場へ移動します。主に底曳網や延縄で漁獲されます。
鮮魚としての旬は冬で、特に厳冬期が美味です。白身で特有の光沢があり、淡白な味は和食だけでなく洋風料理にも合います。身はくずれやすいので、塩焼きにしたり、さっと煮付けたり、味噌漬や粕漬けにしたものを焼いてもよく、卵や白子といっしょに鍋物にします。
特に、庄内地方では、頭や骨、内臓を入れた味噌仕立ての「どんがら汁」を食べる風習があり、寒鱈汁として有名になっています。

ヤリイカ
ヤリイカは、胴の形が槍のようであるため付いた名前で、寿命は約1年とされています。オスは胴長30cmと大きく、メスは20cm位 で小さい。
秋以降、底びき網で獲れ始め、年末にかけてだんだん大きくなる。釣りは1から3月にかけ、サメの肉を塩蔵したものを餌にして釣ります。
皮がむきやすく、オスは刺身、メスは煮物として多く調理されています。

山形県漁業協同組合 〒998-0036 山形県酒田市船場町2丁目2番1号 TEL:0234(24)5611 FAX:0234(22)6455